過ぎてゆく日々の中で。

毎日の暮らしの中で感じたこと、思ったことを書いていきます。

心無い言葉を受けて:乗り切るためのたった一つの方法

『これじゃ、一人負け状態』

日常生活の中で、誰しも一度は心無い言葉を受けたことがあるのではないでしょうか?
それは友人、同僚、時には家族からだったかもしれません。
私も、かつて他人から心無い言葉を聞かされたことがあります。
相手の意図は分からず、一方的に投げかけられたその言葉で、私はひどく傷つきました。
数日間、その辛さを引きずってしまい、心の中で何度も何度もその言葉を繰り返し、怒りの気持ちが収まらず、相手を恨んだりしました。

特に腹立たしく、たちが悪いのが「悪気はなかった」「ノリで言った」という類の言葉です!
言った方は軽い気持ちだったかもしれませんが、聞かされた方の心には深い傷が残ります。
その痛みは簡単に消え去るものではありません。
そして、悩み、傷つき、悲しむのは私だけ…。
これじゃ、まるで一人負け状態です…。

嫌なことを忘れるための方法は多々あります。
運動をしたり、どこかに出かけてリフレッシュするのも一つの手ですが、心の傷が深い時は、それすらままならないこともあります。
そんな時に私が見つけた最も簡単でお金のかからない方法、それは「身近な人との会話」です。

 

身近な人との会話の力

心無い言葉に傷ついた時、「身近な人との会話」は大きな癒しになります。
話の内容は何でもよくて、話すのが苦手なら、聞き手に回るだけでも十分です。
会話が続いていく中で、他愛のない話や自虐ネタ、やっちまった話など、お互いに笑顔を交わすことで、辛いことを少しずつ忘れることができます。
笑顔には驚くべき力があると実感しました。
積極的に話しかけることで、心の重荷が軽くなるのです。

心無い言葉を聞かされた時は、辛くて、悲しくて、怒りが収まらず、情けない気持ちになることがあります。
そんな時は、きっと周りの人を遠ざけてしまうような表情をしていて、近寄りがたい雰囲気となり、孤立してしまうという負のループに陥る可能性があります。
だからこそ、人との会話、そして笑顔は重要なのです。

 

合わない人とは距離を置く

心無い言葉を発する人との関係について考えることも重要です。
合わない人や嫌いな人と分かり合おうとしても、無理なものは無理なんです。
好かれようとしたり、気に入られようとすることは無駄な努力です。
そうした努力は、自分自身を疲弊させるだけです。
距離をおく、または可能であれば、関係を断つことも一つの考え方です。

他人に振り回される必要は全くありません。
あなたの大切な人生は、他人の心無い言葉に左右されるものではないはずです。

大切なのは、自分にとって大事な人との時間を大切にすることです。
家族や友人との温かい時間、笑顔で過ごすひとときが、心の支えとなります。

 

笑顔と会話で心の健康を保つ

人の笑顔には、驚くべき力があります。
笑顔を見るだけで、心が温かくなることがあります。
だからこそ、積極的に話しかけてみましょう。
辛い時こそ、身近な人との会話を大切にしてみてください。
話の内容よりも、ただ一緒にいるだけで癒されることもあります。

また、逆の立場として、あなたの一言がどのように受け取られるかは相手次第。
何気ない一言で関係がギクシャクしてしまうことも。
言葉選びは難しい面もありますが、どうか慎重に…。 

まとめ

心無い言葉を受けた時、私たちはひどく傷つき、悩み、苦しむことがあります。
しかし、そんな時こそ、身近な人との会話や笑顔の力を借りて、心を癒すことが大切です。
合わない人や嫌いな人と分かり合おうとするのは、はっきり言って無駄な努力です。
自分の大切な時間を、そんなものに奪われることなく、どうか大切な人と過ごす時間を優先してください。

心の傷は簡単に癒えるものではありませんが、少しずつでも回復していくことができます。
笑顔と会話の力を信じて、心の健康を保ちましょう。
あなたの大切な人生、他人の心無い言葉に振り回されることなく、豊かに過ごしていきましょう。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
あなたにとって充実した日々となることを、心から願っています。

 

▼嫌な一言で悩むのは辛いですよね…。
上手に「気にしない」ようにするコツが書かれていて、とても参考になります!
(アフィリエイト広告を利用しています)