過ぎてゆく日々の中で。

毎日の暮らしの中で感じたこと、思ったことを書いていきます。

やる気のスイッチを入れる!気分が乗らない時の対処法

『今日はどうも気が乗らないな…』

そんなふうに、日常生活を送る中で思うことは誰にでもあります。
仕事や趣味、勉強など、やらなければならないことがたくさんあるのに、なかなかやる気が出ないことってありますよね。
特に、締切や期限が迫っているときに限って、なかなかモチベーションが上がらないことがあります。

私自身も、時々「今日は何か本を読む気分じゃないな…」とか、「練習したくないな…」とか、「行きたくないな…」とぼやくことがあります。
そんなとき、自分に「やるぞ!」と言い聞かせても、なかなか始められるものではありません…。
では、そんな時はどうすれば良いのでしょうか?
今回は、気分が乗らない時の対処法について、いくつかの方法をご紹介します。

 

とにかく始めてみることの重要性

まず最初に、最も効果的な方法はとにかく「始めてみる」ことです。
やる気が出るのを待っていても、その時はほとんどやってきません。
何かを始めることで、少しずつやる気が出てくることがあります。
例えば、資料を作成するのであれば、いきなり完成に持っていこうとせずに、ざっくりと全体を作ってみることが大切です。

趣味の場合、私の趣味である篠笛なら、とにかく音を出してみることから始めます。
同じく趣味の筋トレで、懸垂が嫌だなと思っても、とりあえずぶら下がってみる、またはダンベルを持ってみる、など。

好きな曲をかけて、「この曲のこの場所で」と決めると、意外と体が動かせるものです。ちなみに私の場合は、映画『ロッキー』のテーマで、1セット目は『Gonna Fly Now』、2セット目は『Going the Distance』と決めています(ベタですが…)。

本を読む気が進まないのであれば、1ページだけでも読んでみる。
そうすることで、不思議とやる気が湧いてきて、スイッチが入ることがあります。

また、ある場所に行かなければならない時、あまり乗り気で無い時も、思い切って行ってみると、意外と楽しかったりもします(ホントに嫌いな人ばかりの時は、話は別ですが…)。

 

小さな一歩から始める

やる気がなかなか出ない時でも、小さな一歩を踏み出すことが大切です。
「やろうかな、やめようかな」と迷う時間、ためらう時間ももったいないですよね。
例えば、ブログを書く時も、「このテーマでうまく文章を書けるかな…?」とあれこれ考えるより、とにかく思ったことを書いていくと、意外と作業が進むものです。

これは、仕事でも趣味でも同じことが言えます。
大きな目標に向かって一気に進もうとすると、どうしても気が重くなりがちです。
しかし、「小さな一歩」から始めることで、気持ちが楽になり、自然と作業が進むことがあります。

 

リフレッシュと切り替え

それでもどうしてもやる気が続かない時もあります。
そんな時は、一度リフレッシュすることも大切です。
散歩に出かけたり、好きな音楽を聴いたり、お茶を飲んで一息ついたりすることで、気分をリセットすることができます。

また、環境を変えてみることも効果的だと思います。
いつもと違う場所で作業をすることで、新鮮な気持ちで取り組むことができます。
例えば、カフェで仕事をしたり、公園で本を読んだりすることで、気分転換ができるかもしれません。

まとめ

やる気が出ない時に、何かを始めることは確かに難しいかもしれません。
「それができれば苦労しないよ…」という声が聞こえてきそうです。
しかし、とにかく一歩を踏み出すことが大切です。
やる気はどこからか降ってくるものではなく、行動することで自然と湧いてくるものです。
まず始めてみると、意外と作業が進み、夢中になれることもあります。

私たちの日常生活には、やらなければならないことがたくさんありますが、小さな一歩から始めることで、少しずつ前進していくことができます。
次に気分が乗らない時があったら、ぜひ今回ご紹介した方法を試してみてはいかがでしょうか。
あなたの「やる気のスイッチ」が入ることを期待しています。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
あなたにとって充実した日々となることを、心から願っています。

 

▼今回の記事について、とても参考になる有名な一冊です。
役立つ情報が小分けに掲載されているので、スキマ時間の読書にも最適です!
(アフィリエイト広告を利用しています)