過ぎてゆく日々の中で。

毎日の暮らしの中で感じたこと、思ったことを書いていきます。

「1日たった◯分!」の壁:習慣化が難しい理由とは

『もしも、1年後の姿が見られたら…』

「1日たった◯分!」と聞くと、なんだか簡単そうに思えますよね?

忙しい日常の中で、たった数分だけなら頑張れそうな気がします。
しかし、実際にはその数分すら続けるのが難しいと感じたことはありませんか?

今回は、「1日たった◯分!」という言葉に隠れた習慣化の難しさについて考えてみます。

多くの人が、新しい習慣を始める際に「続けることの難しさ」に直面します。
それはなぜでしょうか?

この記事では、その理由をいくつかの観点から探っていきます。
そして、どのようにすれば習慣を楽しく、無理なく続けていけるのか、私なりの考えをお伝えしたいと思います。

 

成果を急いでしまう

最初の理由として、「成果を急いでしまう」ことが挙げられます。

例えば、「1日たった5分の運動で痩せる!」と言われても、すぐに効果が現れないと、「本当に効果があるの?」と疑問に思ってしまうのではないでしょうか?
特に現代社会では、即効性のある結果を求める傾向が強いため、短期間での成果が見えにくいと挫折しやすいのです。

また、「たったこれだけ〜」などと聞くと、「ラクに成果が出せる」という心理が働いてしまうこともあるかもしれませんが、実際にやってみると、思ったより大変だったということもよくあります。

ここで大切なのは、「小さな変化を積み重ねること」がいかに大切かを理解することです。
短い時間の積み重ねでも、長期的には大きな成果に繋がることを信じてみてください。

 

「やらなきゃ」というプレッシャー

「やらなきゃ、続けなきゃダメ」という思考もまた、習慣化を難しくする要因の一つです。
これが「義務感」に変わってしまうと、続けることが苦痛になってしまいます。
「やらなきゃ」と思うことが、逆にモチベーションを下げてしまうのです。

ここでのポイントは、「無理に頑張らない」こと。
最初から完璧を求めるのではなく、自分に優しく、「できたこと」を褒める習慣をつけることが大切です。

少しずつ自信を積み重ねることで、自然と「やりたい」という気持ちが芽生えてきます。

 

目標設定のハードルが高い

たとえ短い時間でも、人によっては目標設定のハードルが高く感じることがあります。
「1日10分の瞑想」と聞くと、簡単そうに思えるかもしれませんが、実際にやってみると「10分も集中できない」と感じる人も多いのではないでしょうか?

目標を達成するためには、継続していくことが大前提ですが、まずは自分に合う無理のない内容からスタートしていくことが大切です。

いきなり高いハードルに挑むよりも、小さなステップで達成していくことも効果的です。

 

楽しく続けるための工夫

習慣を長く続けるためには、「楽しく続けるための工夫」が必要です。
例えば、好きな音楽を聴きながら運動をしたり、友達と一緒に取り組んだりすることで、習慣を楽しみに変えることができます。

また、「不定期でも、不十分でも『できた』事実を大事にする」ことも重要です。

完璧を目指すのではなく、できたことに目を向けて自分を褒めることが大切です。
少しずつでも続けることで、習慣が自然と身についていきます。

まとめ

いかがでしたか?

「1日たった◯分!」という言葉の裏には、実行する難しさが隠されています。
しかし、習慣を楽しく、無理なく続けるための工夫を取り入れることで、その壁を乗り越えることができます。

大切なのは、無理せず、楽しみながら続けることです。
小さな一歩を大切にし、続けることで大きな変化が訪れることを信じてみてください。

皆さんも、今日から「1日たった◯分!」を始めてみませんか?
長く続けることで、自分の成長を実感できる日が必ず訪れるはずです。

一緒に頑張りましょう!

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
あなたにとって充実した日々となることを、心から願っています。