過ぎてゆく日々の中で。

毎日の暮らしの中で感じたこと、思ったことを書いていきます。

その「目標」大丈夫!?

皆さん、こんにちは。m50_blogです。
記事をご覧いただき、ありがとうございます。

はじめに

目標を設定するとき、私たちはその高さに挑戦する価値を見出します。
しかし、その目標があまりにも高すぎる場合、逆効果になることもあります。
現実離れした目標は、時に私たちのモチベーションを削ぎ、途中で挫折を感じさせることもあるのです。
目標を持つことは確かに大切ですが、それが現実的であること、そして達成可能であることがさらに重要です。
この記事では、目標設定の難しさと、現実的な目標が私たちにもたらす恩恵について考えてみましょう。

 

目標設定の落とし穴

過度の目標とその影響

目標は、私たちを前進させる原動力となります。
しかし、過度に高い目標は、逆に進行を妨げることがあります。
高すぎるハードルは、モチベーションの低下だけでなく、自信の喪失にも繋がりかねません。
達成不可能な目標に挑むことで、多大な時間と労力を費やす一方で、その結果が出ないときの精神的なダメージは計り知れません。

努力の価値と限界

確かに努力は重要です。
でも、「できない」と感じる現状もまた、自然なことなのです。
自分自身を無理に追い込み、自己嫌悪に陥ることは決して健康的ではありません。
無理な目標は、時に自分の努力を否定し、才能がないと自己批判につながることもあります。

⬇こちらは、以前ご紹介した記事です。

 

実現可能な目標の設定

現実を理解し、小さな一歩から

現実をしっかりと把握し、達成可能な目標を設定することが重要です。
「少し頑張ればできる」と感じるレベルの目標から始めることで、成功体験を積み重ねることができます。
そして、それが自信となり、さらに大きな挑戦につながるのです。

長期的な視点で考える

高すぎる目標に挫折したとしても、それを受け入れて、再度立ち上がることが重要です。
失敗を経験することも、成長の過程においては必要なステップです。
失敗から学び、目標の再設定や改善点を見つけ出すことが、結果として最も効果的な近道となるかもしれません。

おわりに

例として、私は長年水泳を続けていますが、オリンピックメダリストのように速く泳ぐことは目指していません。
早く泳ぐことへの憧れはありますが、私の目標は「美しく泳ぐこと」です。
それが私にとっての現実的で、達成可能な目標なのです。
私たちが目標を設定する際には、自身の限界と現実を理解し、適切な目標を設定することが肝心です。
それによって、無理なく、健康的に、そして確実に自己成長を遂げることができるでしょう。
目標を設定する際は、自分自身にとって何が最善かを考え、小さな成功を積み重ねながら、最終的な大きな目標に向かっていくことが大切です。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
あなたの人生で、少しでも考えるきっかけになれば幸いです。

 

⬇今回のテーマの内容として、とても参考になります。ぜひご覧ください。
(アフィリエイト広告を利用しています)